スポンサーリンク

アメリカで子宮動脈塞栓術を受けるまで #4 -MRI撮影と結果連絡

紫陽花 ピンク GYN (婦人科)

2019年9月に子宮腺筋症と診断されました。

 

アメリカで子宮動脈塞栓術を受けるまで #3 -Radiologistコンサルテーション
子宮腺筋症と診断され、子宮動脈塞栓術が受けられるかどうかRadiologistに会ってコンサルテーションしてもらうことになりました。

 

続きです。

MRI

コンサルテーションの時にリクエストされた骨盤部のMRIを撮ってきました。

 

予約日

一番早く予約が取れる日時でとお願いしたら、夜8時からになってしまいました!

骨盤部の撮影は6時間前からお水以外の飲食不可。食べるなと言われるとお腹が空いてくるものですね。

その日は夕方まで用事があったので、約4時間をカフェ以外でどこで時間を潰そうと悩みました。

(結局、書店→ウィンドウショッピングをしていたら、意外とすぐだったのですが。)

造影剤あり

今回は造影剤を入れての撮影。

MRIも5回目くらい?なので、慣れたものです。

うつ伏せでの撮影で、頭部と違って、多少顔が動いても大丈夫なのでいつもより気楽でした。

終了したのは、9時過ぎ。

スナックとお水ともらい帰途につきましたが、終わってホッとしたのかすご空腹を感じたので、病院を出てすぐのところで目に入ったポキ丼専門店でサーモンマグロポキ丼を買って帰り、お家で一心不乱に食べてしまいました。

 

結果連絡

 

MRIを受けてから二日後、放射線科医から電話がありました。

超音波画像から予測していた通り、やはり子宮肥大と腺筋症、それに子宮粘膜下筋腫(5.3cm)、他に問題はなさそうなので手術に適応しますね。という内容でした。

 

このMRIの後、婦人科のドクターに粘膜のバイオプシ(細胞診)をしてもらい、癌細胞がないか検査で確認後、手術日を決めることになりました。

 

ここまで来るのに本当に時間がかかりました。あと少し!

コメント

タイトルとURLをコピーしました