スポンサーリンク

ニューヨークで賃貸アパート契約時値引き交渉

Home Depot Moving box New York Life

引越し先のアパートの契約をブローカーとかわしてきました。

書類審査後に入居日延期して欲しいとブローカーから連絡

8月初め、10数件内見したあげく、ここに決めよう! と書類審査をお願いし、とんとん拍子で進んでいたはずでした。
その際は8月20日に入居できると言われていたのです。今のアパートの契約が22日に終了なのでちょうどいいわと、引越し会社も予約していました。

ところが審査が下りたあと、ブローカーI(女性アシスタントブローカー)から入居日をEnd of monthにずらして欲しいとテキストメッセージがありました。現アパートに契約終了後退去日を少し延ばしたいと連絡しました。

 

現在住んでいるアパートの契約書には、10日くらいなら延長可能、日割計算と記載あり。
融通がきいたので、助かりました。

 

オットがEnd of monthという曖昧な表現ではなく、きちんとした日にちで教えて欲しいというと、彼女は8月末に前住人退去だから9/1入居可能と言うではないですか。

えっ????? あなたEnd of monthに入居可能って言ってたよね。それもすでにずれてるし、退去後掃除とか壁塗り直しとか色々するのに1日じゃ無理でしょ? とオットが電話すると、やっと確認を取り、26日退去だと。確認してから連絡しなさい! 中5日ではペンキの匂いなども残ってるでしょうし、一抹の不安がよぎったので、今のアパートに連絡しさらにどれだけ延期してもらえるか確認しておきました。

うちは9/7まで待てるけど、と彼女に連絡すると、事もあろうに、”If you want”と返信をしてきました。
ちょっと待て。そっちの都合に合わせて延長延長してるんだけど! とだんだん不満がつのり、引き続き同時進行で別物件も再度探し始めていました。しかし、この物件の広さと周囲に比べて割安なのを見てしまうと、やっぱりここがいい。

とりあえず、中の写真だけでも見たいからと撮ってきてもらいました。それも頼んで頼んでようやく送ってきました。

(最初に私たちが見せてもらったのは同じ間取りの別フロアでした)

 

内見した後に契約したいと粘る

26日に前住人が引越し、中がきれいになった後に自分の目で内見してから、契約書を交わしたいと連絡しました。退去後5日経過し、住める状況になったであろう9/1にブローカーと待ち合わせをして、アパートの部屋の前に行きました。

 

部屋の前まで行ったのに入れない…。

鍵がかかっています。慌ててブローカーは上司Sに電話します。
オーナーと連絡の行き違いで、鍵を持っているアパートの管理人に連絡がつかないから(ランチだと思うと言い訳)、夕方また来てもらえない? と。
えっとー、今1時なので4時間も空き時間出来るんですけど。引越しの荷造りしたいんですけど。でも、家に帰ってもまた出てくるのは面倒だし、結局近所で時間潰し。(ワイン一本開けちゃいますよね)

ところが、さて向かおうかと移動し始めた4時半になって彼女からオットにテキストがありました。
今日は鍵が手に入らないから明日に変更して欲しいと。
もう唖然ですよ。

 

やっとアパートを自分の目で見ると…。

翌日、ギリギリまで他の物件を見に行くことにしましたよ。腹が立ってしまって。でもやっぱり見比べてしまうとどうしても乗り換えられません。でも、もしもの時にプランBを作っておくのは大事だなと思ってギリギリまで、ほかも見ることにしたのです。

結局夕方行きました。ブローカーIは鍵を開けておいたから見てきて、自分はオフィスで待ってるからとテキスト。誠意がないですよね。

そして部屋に入りました。
唖然どころではありません。引越し直後の様相なのです。壁は穴があき掃除も何もされていません。どうやら前日に見にきた時はまだ前住人が居た模様です。取り付けてあった窓のエアコンが前日にはあったのにこの日はなかったのが証拠です。オットが外から目視で確認していました。

 

ブローカーの上司にクレーム

さすがにオットもわたしも怒り心頭です。彼女に電話し立ち合いに呼びました。彼女ではなくブローカーの上司Sがやってきました。オットは現状の説明をさせ、これまでの彼女の対応の悪さ、杜撰さをクレームしました。

もう契約しないと家なき子になるから契約するけど、そちらの対応について、我々に何かしらのオファーをするべきだと詰め寄りました。

Sは自分じゃ結論だせないから明日マネジメントに相談して連絡するからと言って、サインさせようとしました。

オットは口約束だけでサインしたくはないと言い、自分のAgent(代理人)と電話で話して欲しいと、Agentにその場で電話しました。(オットの職場の同僚のアメリカ人に頼んでありました)

電話で話すうちに、Sは、分かった、では8日分レントフリーにさせてもらいます、と。

オットは、自分の時はすぐに返事できないと言ったくせになんだよ、と言ってましたが、やはり電話だけでもネイティブで交渉に入ってもらうと応対が変わります。
うちみたいに日本人カップルでブロークン英語だとほんとに甘く見られます。
わたしが勤めていた時の、現地在住歴長い上司に、クレームにはネイティブに入ってもらうと全然違うよ、と聞いていたので、こうなることを予想して事前にお願いしておいたのです。

半月くらいフリーにしてもらいたいところですが、こじらせて入居できなくなっても困るので手を打ちました。

 

はあ〜、やっと長い長いストレスフルな日々が終わりました。Total20件ほど見に行きました。このエリアのアパートにかなり詳しくなりましたよw。

やっと来週月曜日引越しです。家中段ボールだらけです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました