スポンサーリンク

2020が終わるにあたり。

Grand Central Station 2020 diary

あと1日で2020年が終わります。

まさかこんな一年になるとはおそらく世界中の誰も予想していなかったと思います。

振り返ってみると…。
春、NYは新型コロナ感染者の増加が激しく、怖くて本当に外に出ない毎日でした。
買い物もオットに任せていましたね。
外から帰ってきたらすぐにシャワーを浴びて、買ってきた食品も消毒して。
現在も手洗いうがいと外から持ち込んだ物の消毒は欠かしていません。シャワーはすぐに浴びないこともありますが。

夏になったら、収まるのでは? と期待していたけれど、そこまでではないことにがっかりでしたね。
自宅の近所で花火や夜騒音が激しくなり、治安悪化する前に引っ越そうとアパートを20件くらい見て回りました。
何人も不動産屋さんに会ったので、ちょっと心配しつつも暑い中マスクして乗り切りました。

9月初旬に無事引越し。
夜は虫の声が聞こえるくらい静かな街でよく眠れるようになりましたw。
友人とも何回か公園やレストランアウトダイニングで食事できて、久々の楽しい時間をかみしめました。

晩秋になるとまたNYで感染が拡大。
街がまたいつロックダウンになるかもしれないという緊張感の毎日になってしまいました。

11月後半から、友人のお仕事をほんの少し手伝い始めました。
お手伝いできたことが嬉しかったですし、お財布にもほんの少しですがありがたかったです。

12月中旬、ついにレストランインドアが再び禁止。
街歩きすら困難になりました。

(Top画像は、一年で一番混むクリスマス前の頃、トイレを求めてグランドセントラルステーションに行った時に撮った写真。華やかでウキウキする時期にこの駅にホリデーマーケットもないなんて! 人の少なさに寂しくなりました)

 

でも、毎年見ているロックフェラーセンターのクリスマスツリーも見ることができたし、何より持病も悪化せず感染もせず元気に年越しを迎えられたことに感謝です。

毎年おせちは手作りしていましたが、今年は外食もできませんでしたし、好きな飲食店のシェフが作るおせちをオーダーしました。お餅はホームベーカリーで作りました。
(HPは捨てるつもりだったけど、やはりこのために取っておきましたw)

明日おせちのピックアップです。楽しみ。

どうぞみなさま良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援クリックをいただけると嬉しいです。ご訪問ありがとうございました。
応援クリックをいただけると嬉しいです。ご訪問ありがとうございました。
diary
スポンサーリンク
wakoをフォローする
ふたりで暮らすニューヨーク
タイトルとURLをコピーしました