スポンサーリンク

アンソロポロジーCandle溶かし直しました

Anthropologie Candle New York Life

NYで人気のセレクトショップ、アンソロポロジー。私も好きです。
買わなくても通りかかるとつい寄ってしまいます。
と言ってもコロナ前の話。もう半年以上入っていないな。

入るとまず、いい香りに包まれます。季節ごと変わりますがいつもほんとにいい香り。

 

Anthropologie Candle

Anthropologie Candle

数年前にオットがクリスマスプレゼントに買ってくれたものです。

少しずつ火を点けていたのですが、もうだいぶロウが減ってしまい、中心部だけが底の方に溶けてしまいました。
湯煎で溶かして表面をならすことにしました。

鍋底に布巾を置いて、その上にキャンドルを置きます。

Candle 溶かし直し

ロウが溶けてきました。

Candle 溶かし直し

弱火にしていましたが、ぶくぶく沸いてきました。火のそばを離れないよう注意ですね。
芯が沈んでしまったので、タコ糸をたらしました。

Candle 溶かし直し

数十分で固まりました!

Candle 溶かし直し

早速点火。

Anthropologie Candle

いい香り。表面もきれいになって満足です。

 

New Yorkの旧いアパートの部屋は、天井にライトがついてないところが多く、間接照明を付けるのが基本です。
うちのリビングも二つ間接照明を置いているのですが、雨や曇りの日、夕方からは暗くなるので、特に肌寒い季節になってからはキャンドルを付けることが多いのです。

お友達からのプレゼントもキャンドルをもらったり、ギフトでもいいですよね。
(香りの好みを知っている場合に限るかもしれませんが)

 

ギフトに人気のディプティック。置いておくだけでお洒落になりますよね。


火を使わないで電気で温めるキャンドルウォーマー、欲しい。


火を使わないLEDのライトもいいですよね、香りがいらない時にもいいですね。

一度、とある人気ブランドのキャンドルをいただいて使っていたら、最後に容器(アルミだったと思います)まで燃えかけて、炎が上がり、もうダメかと思ったことがあります。
トイレにちょっと行った隙にです。
火事にならずに済んでよかったけれど、それ以来、いっそう注意しています。

Costcoで消火器も買ってキッチンの片隅に置いてあるほどです。普通置かないですよね。
でも使わなくても、これが手元にあるとないとでは安心感が違うのです。高いものではないですしね。

 

クマさん消火器。カワイイですね。

こんなスプレー式があるのなら、これでも良かったかも。。。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました